2005年最後のブログ


知り合いのブログで今年のベスト1をやっているようなので
うちもやろう、と。

ずーっと時事ネタやってて急にエンターテインメントな
物品がずらずら並ぶのも気持ちが悪いのと、
まぁしょせんは今の時点状況で思う一番であって
それぞれを購入した時のわくわくに対して
順位をつけれてはいないだろうと思うので
まぁ近況報告ついでに
2005縛りなしであげておきます。

、、、?お、思い出せない?
なんだろう、最近休日にやってること?
○やっぱり借り物は限界があるってことで
 レンタルサーバを物色してたのと
○数学基礎論のpdf(英語)を読んだのと
○ディズニーリゾートの情報サイトで
 写真とか動画にうわーいって喜んだのと
○仮想株ゲームの自動売買のスクリプト作ったのと
あと平日は
○日記書く
○ブログ書く
○音楽聴く
 ネットラジオでトランスとかジャズとか
 ディズニーとか東京事変とか
 

おぉけっこうアマゾン的なキーワードがでてきた。
ってまだアマゾンアフィリエイト初めてないじゃーん。

仕事をしてください -乗務員が業務中にアダルトサイト-


業務時間中とはいえその時間全部を
本分たる業務にあてるのはまぁ人間難しいわけで
定期的で短い休憩時間を特に定めてはいない場合は
個人個人でとることになる。
当たり前すぎるけど。

電車の乗務員の場合をよくは知らないけど
乗っていない時間は上で言う休憩時間なんじゃない?
それをよりによって会社の携帯でアダルトサイトなんて。

そもそも携帯のアダルトサイトって見たことないけど
面白いんかねぇ。めっちゃちっちゃいで、画面。

話がずれそう。
運転手にしても車掌にしても
運行の安全のためとはいえ、
ほとんど見られることもない個室になるってのは
やっぱりまずいんじゃないかな。

かといって防犯カメラをつけるなんてのは
組合が一致団結で反対するだろうし。
でもねぇ日本のソフト会社なんて
どっからでも何やってるか見えるからね。
カメラぐらいいいじゃないつけたって。

信用してるしてないの話じゃなくて
変な疑いをかけられないようにする自己防衛でしょ。
それに事故が起きた時に原因究明の一助にもなる。

どっちにしても、こういっちゃぁなんだけど
悪いことするならばれないようにしなさいって。
あとで自分の首を絞めることになるってのは
日本人のコンセンサスだったはずだけどねぇ。

ドーハの悲劇? -WTO交渉-


日本人には、特にとある時代のサッカーを
見ていた人間にしてみると
ドーハという言葉にはあまりいい感情がないらしい。
実際に訪れたわけでもないし
何かでその土地の人を嫌ったわけでもなく。

じつは当時の日本サッカーはまだ
ワールドカップに出るべきではないと
思っていたので、あの瞬間、よっしゃぁーと
叫んでいた非国民がここに一人。

先進国による農作物の輸入自由化が
主な争点となったドーハラウンド。
途上国にしてみれば輸出できるものを輸出して
経済を安定成長させたいところ。

まぁこの手の話はつい、リカードが出てくる。。
お互い自分の得意分野で勝負すればいいじゃないかと。

食料に関しては、原則から言えば
自給率100%以上であるべきで
輸入に頼らざるを得ない現在は
国として危うい状況とも言える。
ともすれば将来、北朝鮮のように
少々の支援を受けても
それが適切に市場に流れずに
餓死する国民を生まないとも限らない。

(前回までの遺伝子組み換えイネも
 日本の食料自給率を上げる目的もあった。)

その決定一つで受ける影響が大きいだけに
なかなか難しい話ではある。
国内を生かしつつ、途上国も立てる。
現状維持でも世界は今までどおり回るから
悲劇とはならないにしても
決議が悲劇にならないように。

最終報告 -遺伝子組み換えイネ-


相変わらずNewsclipが落ちてて
ニュースを取得できないので
昨日調べた分を書いて。
で、このお話はとりあえず進展するまで
お預けとしましょう。

研究者側のサイトをいくら見ても
それらしい資料は他に無く
結局実験の内容を説明したpdfを読むことになった。
安全性について反対派の引用もここからでているので
提訴の根拠をここに持っているように思える。

で、そこには
遺伝子を2カ所変えていて
1カ所は毒性のアミノ基(記憶違いかも)と
類推されているものとは異なること、
もう1カ所は人工胃液、人工腸液で消化されたこと。
これで食品としての安全性は確かめられた、
と考えているようだ。
まぁこんな実験ではなんの確証にもならないことは
明らか。

1カ所はすでに知られてる毒性のものの一つとは
違うことを言っただけでそれが毒性かどうかを
判断できていない。
もう1カ所は人間の消化吸収活動が
胃液腸液の経過で起こり、他では一切の
作用をおこさないと仮定したとき
安全であることを言えただけ。
(「消化」は人体に無害であるとわかっている
 有機物に分解されることを言うのであろう。)


さらに自然に放たれた時に
自然に対してどう影響を与えるか
まったく触れていない。
おそらくはこの野外実験を通して
それでやっと判断できるのだから
この実験はどうしてもしなきゃならない
と考えているのだろう。


遺伝子組み替え食物による死者もあるそうで、
ぜひ薬以上のチェックをしていただきたい。

中間報告? -遺伝子組み換えイネ-


コメントをいただいておいて
分かりません、じゃ仕方ないので
ほんの数分だけ調べてみますた。
(やっぱりいいかげんだ)

野外実験反対派は専用のサイトを
設けているのでgoogleから
「遺伝子組み替え イネ」であっと言う間に検索。
人間や周囲の環境に与える影響にたいする安全性が
確かめられていないからダメ、とか
緑の革命のようにただの搾取になるとのこと。
安全性はもちろん、他の面でもダメらしいね。

で、当のご本人のサイトの中を
いろいろさがしまわったんだけど
安全性を確認した実験に関する記述がない。
まぁ見逃しているだけかもしれない。
比較的簡単に見つかったのは
今回行われる実験の内容説明。
いくつもの倍率で書かれた地図や
動物実験で安全が確かめられた、なんて記述があった。
あと説明会を行ってきましたよなんてのも。
印象としては確かにどこまでの影響を想定しているのか
わからないかな。
むしろやってみてから考えましょう的にも見える。

あぁ、この電車の中から
ネットが見れればこんな歯切れの悪い言い方
しなくてもすむのになぁ。

当人あるいは反対派のサイトから
この件に関して行われた実験一覧なんてのがあって
そこから実験の内容や結果が見れるのかなぁなどと
簡単に思ってたけど。

日本の市民運動って
直接明確の利害がない人達に伝わりづらいのよねぇ。
教育された感情の共有をベースにするのでもないし
お祭りとかやじ馬の意識をベースにするのでもないし。
(旧社会党や今の共産党が主導しているあたり
 まぁ悪く言えば頭でっかちだなという感もある。)
結局は関係ない人にまでうんうんそうだよなって
言わせないといけないんだから
感情に訴える部分はあって然るべきなのに。
(もちろん主導する人間が
 感情でしかものを言えないなんてのは論外)
違う話になっちゃった。

もう少し調べて数日後報告ってことで。

だましだまされ -捏造の科学-


日本でもまぁそれなりに捏造のニュースって
あったよねぇ。
本人にとっても私達にとっても救いだったのは
学歴は問うくせに
学術自体を極端に軽んじる国民性か。

国家の威信を背負って
なんとか結果を出さなければならない状況だったとはいえ
ばれたときのことを考えたりはしなかったのだろうか。
それとも自国民はすっかりだませているから
このまま演じ続けさえすればいいと思ったのか。


基本的に学問の進歩なんてのは
数人の天才による独創と、
数多の凡人による自明の積み上げで進んで行く。
天才を国として保護したいと思うのかもしれないけど
少なくとも頭のいい人は学問へ進まない。

メリットが少ないから。
そんな何千年も語り継がれる学者になったって
死ねばおしまい。
人類だってそうそう長くは続かない。
いずれ失われるものに虚構の永遠を与える努力をするより
今そのときを楽しく生きた方がいいじゃない。

だからなによりもまず、国がすべきは
学問が一生を賭す価値があると
認識させる教育でしょうよ。

まおー -束縛の意味-


家でパソコンをかたかた叩きながら
フィギュア浅田真央の演技を見ていた。

先に意見を書くと。
そのルールが仮に何の正当性ももたないとしても
一つのルールとして皆が守ってきたものなら
それを尊重すべきだろうと思う。

そのルールの中で最高のパフォーマンスが出るように
訓練なり試合経験を積むなりするべきだった。
その「次のオリンピックで今の演技ができるとは
限らない」ということが無いように
年令制限を設けたのではなかったのか。

まわりも「ここでノーミスで優勝したら」などと
特例が認められることを前提にした無責任な発言は
避けるべきだ。
本人にも、他の選手にも失礼になる。

技術的な面を言えば
経験よりも体さばきという点で
若い方が大技を出しやすいらしい。
今回の採点方法の変更で
スタミナ重視になったことも
若い選手には有利だ。

確かにねぇ、そもそも論として
スポーツで芸術点なんてのを評価しようと
しているだけでも無理があるとは思うけど、
技術点さえよければいい
なんてのもフィギュアの将来としては
それはそれでいかがなものか。

朱も交われば -遺伝子組み換えイネの栽培-

朱であれば、化学的変化でも起こさなければ
その成分が消えることはないけど
こっちはその種が消えてなくなることも考えられる。

遺伝子組み換えをしたイネを
屋外で栽培する実験をしようとしているらしい。
で、それに待ったをかけるべく
地域の農家などが訴えをおこした。

数学は理系にくくられるんだろうけど
自分の研究は絶対に正しくて人のためにだけなって
害になるわけがない、的な考え方っていうのは
まったくわからない。

少なくとも「害にはならない」証拠を説明すべきだし、
もしそれがまだわからないというなら
害にならないことを確かめる実験を先に行うべき。
取り返しのつかないことになるんじゃないかと
心配してる人を安心させるだけの材料ぐらい
裁判になる前に当然に用意をしておけって。

科学の進歩に犠牲は、、、などとぬかすなよ。
お願いだから。

ディズニーランドとスポンサー


なんでもJCBカードの使用代金5万円一口で
抽選でディズニーランドのチケットが当たるらしい。
知ってるって?JCBカード持ってないから
あんまり気にしなかったなぁ。

で、そんな日に一般客が行くとどうなるか。
7500人だかがわさわさとしていて
しかも皆さん同じパスケースをして、
特別なスーベニアカップを持ち歩いていて。

ついキャストに聞いちゃいましたよ、
「あのカップはどこで売ってるんですか?」と。
そしたら店の人いわく。
「あれはJCBの特別ご優待の方のみに
 おわたしてるカップなんですよ」
くそー、めちゃめちゃ欲しくなるじゃんか。


で、その日に限り20時に閉園するってんで
帰り支度を始めて、最後にスペースマウンテン乗ろうって
ファストパスを取ってみたら20:45から。
どうやらJCBの連中は22時までいるらしいことは
わかってたんだけど、発券ミスですぐ乗せてくれたり
しないかなーってキャストに聞いたら
「そうなんですよねー(ちょっと困った顔で)
 JCB様のご好意で一般の方も
 22時まで園内でお楽しみいただけることに
 なってますので」
「それでJCBの客は納得するの?」
「JCB様がいいと言ってますので大丈夫です。」

ファストパスのコントロールがうまくいかなくて
一般のゲストにまで20時以降のパスを出した。
ミスというより、システムの仕様という感じを受ける。

それより知ってたうちらはいいけど
20時閉園で帰っちゃったゲストと
貸し切りが謳い文句だったJCBの優待客に
どう説明するのか。


まぁそれはさておき、好きだよなぁ。
開園の8時にこそ間に合わなかったけど
そこから22時まで夢の世界にどっぷりですよ。

今回はマークトゥエイン号の船内で
生演奏のクリスマスジャズも聴けたし。
キャッスルショーも初めて座って見れたし。
帰るそばから「来年のクリスマスはシーだね」と
まぁこんな調子です。

私にはディズニーランド&シーと数学があれば
どんなつらいことがあっても生きていける。
どうだ、この偏りようは。

判事も人間


今日は電車で座ってたら頭のあたりが
ちくちくするなぁーと思って。
顔を上げたら週間アスキーをもったおっさんが立ってた。

車内が混み始めてさらにこっちへ寄って来たんだけど
自分の荷物が人のひざの上に乗っかっても
ぜんぜん意に介さないご様子。
人間いろいろいますよ。

人間だからとか
仕事は何々してるからとか
そんなのは多様性の前で無力。
だと思うんですけど、日本の社会って
何故か共有された、理想的な人間像から
その人がどれくらい離れているかで判断されがち。
気をつけましょうね。

というわけで判事の井上さんは
判決文が短すぎて理由が伝わらないと
文句を言われてあえなく退職することに。

まぁ裁判なんて多かれすくなかれ
どちらかが嫌な気分になるものであって
それを「はい!あんた死刑。だって悪そうだもん」
といったかどうかはわからないけど
納得できないまでも理解出来るラインは
保ってほしいのが人の心。
まぁ判事も、彼の裁判を受けた人も
互いに不幸な結果になったような気がして
なんかもっといい手段なりがあったんじゃないかな。

ウィルス君さよなら

昔はDTIっていうプロバイダ、
もちろん今もあるけど、これを使ってました。
で、うちのほうもNTTのADSLが使えるようになったってんで
当時フレッツ接続で一番安かったところ
(名前は忘れた)に乗り換え。
そこはフレッツで登録するとダイアルアップが
無料で使えたから両方をつなぎかえて
四苦八苦して設定したような記憶がある。

当時はフレッツがその地域で普及するまで
Yahooに基地局の使用許可を出さなかったー
なんて話がうわさで流れてやっぱりNTTじゃだめだと。

KDDIにはもっと頑張ってもらいたいんだけど
だめだろうね。
強い敵に立ち向かって行く姿が美しいのであって、
勝てるようにはなってほしくはないんだから。
違う話になってまった。

牛丼!牛丼!

うーん、もしかして昨日500億って書いた?
50億の誤りじゃないかな。ブログだから
こっそり直しておくけど。


しばらく牛タン食ってないから
スーパーで買って家で焼いて食おうと思ったら
売ってなかった。行くのがちょっと遅かったから
品切れだったのかもしれないけど
牛肉の絶対量が少ないせいもあるのかなぁ。残念。

さてさてようやくアメリカ産牛肉輸入が
再開されるらしい。
遺伝子組み換え大豆のときもそうだったけど
日本人の健康食志向というか
得たいの知れないものは食べたくないと
考える人が多いことぐらいわかってんだろうに。

アメリカはごねたおしたあげく、
日本政府は言いなり、
まだまだこれからもっと危険性の高いのも
日本人に食わせようとしてるらしい。

どこぞの牛丼チェーンは
危険な牛丼を客に出せないといってる。
吉野家はやっと牛丼売れると思ったんだろうに
こんな発言の後じゃ当分はどの牛丼チェーンも
アメリカ産牛肉の牛丼を売れないでしょう。

それにしてもアメリカって国は
多分日本相手だけじゃないんだろうけど
相手を植民地ぐらいしか思ってないよなぁ。
どうせいいように脅されたんだろうけど
じゃぁ戦争すっか?ぐらい言ってもいいぞ。
仲のいい友達は決して一方的な搾取をしない。

なしおなる


あかるーいなしょなーる
みーんなーうちじゅー
なーんでもなしょーなーるー

おそらく発売当時には時期的に
こんな音楽が流されていたと思う。
宇宙らしきバックに
Nationalの文字が
中央からだんだん大きくなって行く、
そんなイメージだったような
気がするけど。

とても明るいとはいえない状況ですな。
ナショナル製のストーブを使用しただけで
死んでしまうこともあるという。

民放などで流れる全CMを
今の「探しています」に差し替えるだけで
500億ですってよ。
みずほのときもそうだったけど
大きい会社だったから潰れないで済んでる。

確かに今の電化製品なんて
数年もするとどんどん良くなるから
まだまだ動くのに新しくしたりするでしょ。
そうそう古い型が残ってるとは誰も思わないよ。
今回のは知っていてその危険性を公表しなかった
あたりに問題があるんだよね。

そういう時代なんだろうね。
なんの理由があって
そんな古い型を使ってたのか
知らないけど。私は使っていた方が悪いと思う。
使用するものとして最低限の
メンテナンスは行うべきだと思う。
自分でできなきゃお店にもって行く。

なんでもかんでも作った人のせい?
それじゃ閉鎖的な経済市場をますます閉鎖的にする。
数年後になくなってるかもしれない会社は
モノを作ったらだめですか?

じゃぁ何にでもこう書いておけばいいの?
「使用中に予期せず死亡することがあります。
 その際はご容赦ください」

命あるもの


ボクサー犬の遺伝子の高精度解析が完了した、らしい。

犬の死因の大半はガンで、
犬の遺伝子を全て解析することで
ガンのメカニズムを知ろうということらしいんだけど。

どうも素人目には解析が完了したっていう
ニュースばっかりで、それがどれぐらい
医学を進歩させているのかっていう
一番大事な部分が伝わってこないように感じる。


獣医学でない医学と動物の関係って
確かにあんまりいい感じはしない。
またちょっと毛色は違うけど
心理学のパブロフの犬の実験とかもひどい。
お話としては
「食べものを与える前に鈴を鳴らす。
 これを繰り返すうちに、鈴が鳴っただけで
 唾液が出るようになる」だけど。
ここではて?と思うわけだ。
どうやって唾液が分泌されているのを確認したのか。
犬だからだらしなく口から垂らしてたんだろう
なんて思ってません?
それじゃそれ以前に溜まってたものが出てきたのかも。
もっと直接調べなきゃだよねー。

まぁ気になる人は他のページで確認してもらうとして
薬の試験なんかもいきなり人間に投与できない。
こういった分野でのシミュレーターは
もっともっと後のことなんだろうね。
無駄とは言わないが、
食べるために殺す方がまだ救われる
なんてのは御免だね。

あんまりDNA鑑定と関係ない話になっちゃったな。

えぇっとぉ


いつだか書いた通り、ここ最近このブログは
朝日新聞の社説を読んだ感想という形をとってた。

そもそも論として
マスコミほどの情報収集力もなく
それほど目新しい視点を提示できはしない。

私自身の基本的なスタンスが
生活に関して右で政治的に左というラインを
うまく表現できるかなという思いもあったけど
ちょぉっと限界かなぁ。
面白くないでしょ。

日記とブログを分けて書いてるのを
一つにしてしまうのも案かな。
そうすると何が問題って
テーマ一つに対して一文章というブログのスタイルが
くずれるなぁと。

で、もっとそもそも論だと
ブログは基本的に書きっぱなしでいいメディアじゃなくて
トラックバックだのコメントだのを使って
めいいっぱい外と通信していくのが
楽しいメディアだと思うのね。
まぁそうはいかないからこういう書き方をしていて
それが限界に感じる部分でもあるんだな。

どうしたものかな。

東アジア連合?


小泉総理の外交姿勢には賛否両論あるところで、
新聞各紙を並べて読むだけで
なかなか面白いんじゃないかと思う。

賛成は
「中韓にとっての謝罪とは
 従属であって到底受け入れられない。
 小泉はその流れを断ち切る決断をした」ってこと
なんでしょうね。これは私の想像だけど。

反対は
「歴史を政治化させず、反日で中韓がむすびつくのを防ぎ、
 3国強調の土台を広げる道を自ら閉ざした。」
と、こっちは朝日新聞のをほぼ引用。

双方に問題をややこしてる責任はある。
中韓は教育に反日を埋め込むことで
国民を洗脳して脅しの材料として利用している。

日本もこれ以上の補償をしないという条約が
反故にされていることを強くいうべき。


東アジア連合的なものを模索する動きもあったらしいけど
残念なことに、恐ろしく文化が違う。
人間の民族単位での移動や戦争という
根本的な交流がなかったせいもあり
地続きである欧州などのように
緩やかに接続などはされていない。
極端に強い一国のもとに集まるタイプでもない。

この靖国問題だか謝罪だかしらないけど
問題一つ取ってもその考え方の違いに戸惑うでしょ。
もっと危険な敵が近くにいるってのに
そっちは実は味方の一人で、緊密に連絡とってるのよと
勘ぐられても文句は言えないだろう。

大学の新設


大学が何かっていうのは
あんがい曖昧だなぁと思うのです。

教える人と教えられる人がいる。
入学には高校卒業の資格が必要である。

で、これだけだと専門学校も同じなのできっと
文部省の認可を受けていること。
が大学の必要十分条件なんだよね。

逆に言うと、大学だからって
別に特別なわけじゃない。
学術的な権威の裏付けは
研究の成果になるだろうし、
実質的に何をしているのかは
また別の話だろうし。

就職のための大学っていう考え方もあるけど
多くの場合、就業訓練をおこなうところではないわけで。
そこを出たからって使えるとは限らないんだよね。

まぁなんだ。大学出たからって社会に出るんだったら
逆に4年も無駄に過ごしたペナルティぐらいあっても
いいだろうと、個人的には思う。
つぶしのきかない数学科のひがみだろうか。

弱き命


世の中にはいろんな人がいるもので、
そのいろんな人が自分をさらけ出せる場所として
ネットはなんでも許してくれる。

まぁグーグルなんかで検索をかけると
さすがにこれはないだろうという
言葉の組み合わせでもひっかかる。
1ページだけひっかかる、
検索語の組み合わせをさがすゲームがあるぐらい。
昨今のブログの流行で
ますますたくさんの人が自分をさらけ出す。


ゲームも悪者だけどネットもその自由性で
社会のたがが外れてしまう人が出てくる
という理屈はまったくわからないでもない。
いろんな人がいるんだからね。
まぁまずその前にその人にそれを引き起こす原因があり
ネットが手助けをしたに過ぎなくて
仮にネットがなかったとしても
それなりの問題行動を起こしていたような気もするけどね。

ちょっと今日は疲れててて文章がのたくってるけど、
死体の写真をずらずら並べてるようなサイトもある。
自分が弱い存在で、強くなれるのは
さらに弱い存在を探さないといけない。
決してひとつふたつの原因や背景だけが
そこにあるんじゃないってことを
よーく理解しないと
困った存在たちと一緒に生きていくことはできないと
思うんだけど。

わかりやすく切り取るのは勝手だけどね。
それで何かを煽るなんてのはくれぐれも
やめていただきたいものです。

人を構成するものとは


うちの近くでも外国のかたを見かけるようになって
日本全体で国際化がすすんでいるのね
なんて思っていたら
工場に働きに来た出稼ぎの人だったと。
そう言われて見れば確かに肌の色が濃い。

まぁ何が違うわけでもないはずなのに
やはり日本人が歩いているのとは
違う意識を持って見入ってしまう。

もし自分の近くに住んでいるとしたら
勝手な偏見だし、いけないことだとわかっていても
始めのうちは少しこわいと感じると思う。
やだなぁ。これだから単一民族の国は。


で、広島の小学一年生の女の子を殺害したのは
日系ペルー人だ、という報道がされる。
その人が何人であるかなんて
どうでもいいことで、ワイドショーがいうならともかく
普通のニュース番組で国籍を言う必要があるのかな。

どう軽くみても、ニュースで語られることは
その人の属性としてでなく
そういったことをする人に共通する属性として
伝わることになる。

その人が特別であったと認識されるには
より多くのマスコミへの露出が必要だけど
当然できないよね、捕まってたら。


このブログはマスコミ批判になることが多いなぁ。
それだけ権力があるんだと。
お仕着せはいやだってどっかで思ってるんじゃないかな。

遺伝するものとしないもの


時事ネタを扱うという原則に飽きてきたので
(うそです。NewsClipというサービスで
 毎日ニュースを回収しているのだけど
 zip形式でダウンロードするとなぜかうまくいかない)
たまには中吊り広告から。

プレジデントファミリーなる雑誌が増刷された、らしい。

まぁプレジデントって雑誌自体も
なんだか、どんな本だっけ、ぐらい
私の興味の範囲外ではあるのだけど、
この本は、ようは金と学歴のある親が
いかにして自分の思いどおりの子供に育てるかという

???
何か間違ってますか?

そのプレジデントなんちゃらだけじゃなくって
もちろんすごく真面目に、
多くの親は子供が幸せになってほしいと願うものなんだろうし
そのために自分ができることはないか知りたい。
そういうニーズに答える本としてあるんだと思う。

ただ往々にして筋違いだったりするわけです。
「東大生100人の小中学校時代の
勉強時間や、部活、父の学歴」などの統計をとる。
これはまったく意味のないこと。
興味として調べたい気持ちはわかるけど
そこから教育は生まれない。

そもそも子供を育成ゲームぐらいに
思ってるんじゃないかと思わざるを得ないような
こうしろだのあぁしろだの
方法や統計やそんなのばっかり。

ある程度までは子供なんて親の範囲を出れないんだし
親だってそうそういい歳して変われるもんでもなし。
親なんて無理をせず、そのまま大人をやってて欲しい。
教育関係者でもなんでもないけどね。
a8
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
グリムス
フリーエリア
リンク
RSSフィード