FC2ブログ

習作070615-0


即物的汗の臭い
政治的筋肉痛
圧迫し続ける毛細血管
好き好んですること
ぢゃぁないんだろう

景色はゆっくりと
前から横へスライドする
遠くへは行けない
粘り気をもって
現在は私にまとわりつく

キミも一緒に行くかい
何も変わりはしないけど
そこに居るよりは
いいんじゃないかな

慰安婦を強制する文書はない


文書がないからどうした、という感じ。

まぁ得てして「なかった」ことを証明するのは
非常にやっかいで、
まだ「ありえない」ことを示すほうが楽。

そもそも戦争には付き物、
女がいなければ仕方なくか好んでか
男をつかうことだってあるでしょう。

戦争は自分も人を殺すのと同じように
誰かに殺されるかもしれない。
そういう非常事態に「思想管理」が可能であるとは
とても思えない。

人権意識なんてあったら人を殺せないでしょう。

なぜ日本だけが大昔の大戦での行為について
いままで言われ続け、小さくなってなければならないか、
そういう意識があるのはわかる。

きっともみ消し方が下手なんだろうね、
律義というか真面目というか。
そんなの外交のカードなんかにならねぇよって
無視し続けられない。


今週もお疲れでした


どうにもこうにも
来週は職場旅行があって土曜日までつぶれるし
その次の週は平日に飲み会があって
金曜日はランド。疲れが取れ無さそうだ。

お付き合いとはいえねぇ。
今から憂鬱だわ。

6時起きは早い?


なんかね、子供のころは
この時間に起きてたような気がする。
まぁ睡眠時間は全然違うだろうけど。

いまの悩みは新聞を読む時間がないことかな。
そりゃネットで見れる部分もあるけど
浅く広くのニュースだけじゃなくて
ある程度、中身のある記事や
ニュース以外の地域や文化など
まだ新聞に頼ってしまうね。


今日はいくぶん眠気が少ない?
でも寝る。

なんだ、あのおやじ


めっちゃ、がんみされてたんですけど。

ドアのところによりかかってるでしょ、こっちは。
中ほどのところから首を突き出すようにして
こっちを見てて。

駅に着いた時に気が付いたら
何もなかったかのようにおりていったけど。

習作070614-1


空気の流れとともに
拡散していく思い
薄められたあとには
ほんの欠片ほどのそれ

私の私たる線路を
遠くから眺めるように
抽象が幼い命を
淡々と奪っていくように

結果から経路が
推測された欠片の
持ち主探しは
独りの涙にたどり着いた


習作070614-0


国道をひた走る妄想
繁華街にまで演壇は
延びていき仕方なく
倉庫は食べられるべきだ

映像記述の技術で
おおかたの出来事は
力を持つようになれば
ひたすら隠すことも
とてもおかしい

突き飛ばすだけが
自分を主張することの
什器の風体で歩く
エンジンは認められない
国際的な畑の仕様だ。

毛根の革命だ

梅雨


例年より、やっぱり憂鬱かな。
傘差しながらあるくのはよいじゃないから。

と、書いて、よいじゃーない、は方言?
かったるいとか面倒臭いね、どこの方言だろう。
東北方面かなぁ。

片手はすでにうまってるし、
傘差したらもう手摺り持つこともできない。
階段登るのにひょいひょい両足で登ったら
やっぱり膝は痛くなるし。

雨風雪の日は仕事お休み法案とかできねぇかな。

中央線


といっても電車ではなく、車道の。

田舎なもので、中央線のない道路は
あちこちにあります。

だからといって真ん中を走っていいわけもなく、
それも対向車にブレーキ踏ませるなんてのは
どういう根性してんだ、

と、朝からご立腹であります。

電車の中で


今日はなかなか座れなかった。
皆さん自分が座るんだったり
スペースを確保するのに忙しいらしく。

もっと痛そうにしてたほうがいいですかね。

まぁ、じゃぁ自分が健康でそんな人をみかけたとき
どうだったかってのは、難しいけどね。

あぁなんかこれ毎日
同じような愚痴を言ってる気がする。
せつないねぇ。

日常と


そういわれてみれば
確かに筋肉痛は減ってきてるし、
いくらかでも体は慣れてきたか。

仕事は去年までやってたことが
どうにも違和感がある。
古すぎるんだよ、技術が。

新しいものがすなわちいいってわけじゃないけど
そこには同じような仕事をしている人間たちが
いかに仕事を楽にするかってのを
考えた上でつくられてるのであって。

ぶつぶつ

習作


電車の中でちまちまとつくった詩。
前のは今日書いた。
後ろのはいつ書いたかわかんない。
メモ帳に残ってる古いのから
順にうつしてるんだけど。

なんの関連性もないはずが
そこは同じ人間が書いたということなのかな。

習作070613-1


気づくと子供は
もういんかった
すべての試練をごまかし
すっかり自分は偉いんだと

世は人なりああ人なり

子供は別の獲物を
探しに行った
すべての子供が
親を殺して

習作070613-0


ベンチに腰掛けて
隣には近くの川で拾った
小さな石を一つ置いて
身振り手振りで話をした

空白となった時間を
完全な形で埋めることは
できないのであります
人間のそれは
空白ばかりではないですか

遠くモンゴルや
南方の島々に思いを馳せ
それでいて
自分の両親がすでに
他界していることは
すっかり忘れている
ようにも見えた

ヘッドハンティング?


昨日の帰りに、リハビリで知り合った
やばそうなおじさんと会う。

なにがやばいって、元研究医なのに
金の転がし方が相当にうまい。
田舎のおっさんの風体で
大手スーパー相手に喧嘩をふっかけて
お金をむしりとってるらしいし。

今度そのお金を回す財団をつくるらしく、
そこの事務でもしないかとお誘いいただく。

まだまだ、怪しい面もあるので
(以前は造酒所をつくるっていってたし)
その財団の入るビルができたら遊びに行きます、
とだけ言っておいた。


電話番号ぐらい渡しておくべきだったか。

毎度ですが


びっくりするほど眠い。
いまならのび太とでも勝負になるんじゃないか
と思えるほど。これで電車の中でささと
眠れればいいのに。

サッカー部で全裸


PKを外したら全裸で走るよう指示したと。

大人は喜んで裸になるぞ(そうか?)

そりゃ男の子の全裸が見たくて
仕方がない先生だったら大問題だけど
まぁ他愛のないお話じゃない。

昔々、先生が絶対的な正義として
君臨してたころはともかく、
うちらの年代からしばらく上ぐらいは
抑圧する何かであって、
子供にしてみりゃ抵抗すべきだったわけだ。

それが今や、親より身分が下等な存在で
自分たちに奉仕するもの。
ちょっとでも変なところがあれば
マスコミに通報。

やっぱりあの人先生に向かないって思ってたのよ
昔いたじゃない、すぐ全裸になる、井出らっきょ?
そんな名前だったっけ、似てない?
そう、体つきとか顔の雰囲気とか。
あ、そうそう、ちゃんと声と顔はわからないようにしてよ、
一度こういうのしたかったのよねぇ
おたくどこのテレビ局?
テレたま?どこ?東京の多摩じゃないでしょ、

たぶんこんなじゃないかなーと思い、
書いてみたけどだんだん腹がたってくる。

駅のトイレ


出てきたらチャック全開でびびった。

習作070612-1


電車に乗っている
という前提があったり

他にもまぁ
足が悪かったり
とかく思いは伝わらない
なんてのもある

それを受けて
第2連がほどほど
流れなんかも見えつつ
次の転に備える

ところが
下には下がいるし
なんてことが急に
満員の車内に漂い始めて
そのあと膝が
パキンと鳴った

習作070612-0


説明的な文章で始まる
この詩の三行目は
命からがら賛成の反対

携帯のメモ機能には
邪魔なものを排除
できるはずもなく
現代詩などという
狭い世界にいる

書くべきことはない
他人に理解される
必然もない
そこに山があっても
登るのは疲れそう
だから私は

自分の肉を切って
棚に並べて
通りすがりに見てもらう

残念でした


結局、労働基準監督署へは公出でいいとのこと。
なんだ、休めねーじゃん。

おねむねむ


本人は寝たようね寝れなかったような
そんな感じだけど
北坂戸あたりからアナウンスも記憶にない。

はぅぅ。

出頭命令来る


といっても、労災の後遺症認定。
直接お抱えの医者が診て、それで
労災独自の何級になっていくらもらえる、って制度。

ただねぇ呼び出しの日時がよくない。
22日の12:45~13:00なんだけど
うちは半日休を午後に取ると12:30まで
会社にいなきゃならない。
この足で30分はちょっと厳しいラインなので
結局一日休みを取るようかな。

そしてこの日は部旅行の日。
何があるかわからんから、いちおうキャンセル
しといたほうがいいか。

嬉しいけど。


習作070611-1


赤は色褪せやすい
その赤で貫かれ
支えられているのに

包丁が突き刺さった
私の体からは
刃の光の白と
事実を認められない
頭に乗っていた一匹の蝶

指で目をなぞれば
私の境界がわかるのか
静かに呼吸を整えて

習作070611-0


係を決める教室の中
悩める空気
叫び声の方向には
拳銃を構える二人

命より誇り
誇りより保身
保身より死の欲望
結局最初の一発は
クラスの担任に当たる

状況を説明しているだけだ

その後
逃げ惑う生徒に
背後から乱射などして
流れ弾に私が倒れた
私は即死

居合わせた解剖マニアに
四肢や内蔵や頭をばらされ
この詩を書いたことを悔いた

月曜日終了


まぁ何があろうとなかろうと
時が過ぎれば一日も終わるわけであります。
それが悔しくてしかたないけどね。

モジュール化


そういえばこれまでの趣味でつくったやつって
とにかく一度きりしか使わなかったり
保守じゃなくて、新規に作ったりしてる。

やっぱり無駄だから少しずつまとめていこう。

ビデオカメラ購入


一、二ケ月悩んでようやく購入しました。
いま思えば、うちのアホ犬が生きてて、
まだ元気だったころにこういうので
撮っといてあげればよかったかなと。

店のサービスで三脚とバッグもあるし、
予備のバッテリーも買ってある。

エントリーモデルの一番安いやつだから
あまり画質もよくはないけど
ともあれ、これで29日ランドへの準備は
万端であります。

あぁ週初


また不毛な一週間が始まった。

まぁ不毛かどうかは心掛け次第とも言えるし、
結果としてどうか、なんだろうけど。


電車の席取合戦



しかしまぁあさましいね。
皆、自分のことしか考えない。
こっちが座ろうとしてるのをさえぎって
座るのなんて日常茶飯事。

たぶんねぇこういう人達って
何をしても直らないと思う。
自分がそうなったらなんて意味ない、
結局俺を座らせろでしょ、余計やかましい。

身障者がいるのに誰も譲らない車両は
いっそ身障者もろとも爆破するぐらいの
強制力がないと、自分が自分がなんだろうと思う。

いやね、こっちはいっそどうでもいいのよ、
たかだか足がちょっと悪いぐらいなんてこたぁない。
(あんまりどうでもよくはないから文句を書いてるとも言うが)
悪いけどこっちは人に譲れるほどには余裕がないわけで、
私より少しでも余裕がある人は譲ってあげてください。
お願いだから。
a8
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
グリムス
フリーエリア
リンク
RSSフィード