20080430

ありゃりゃ、Ubuntuのバージョンアップしたら半角全角キーが利かなくなってる。
設定でなんとかなるかな。
気持ち悪いから先に直しちゃうね。しばらくお待ちを。

だめだ、なんかGnomeの起動時にエラーがでるようになったし、
漢字変換が少しもたついてる。


いろいろ変えてみてxkbのエラーはでなくなったけど
この変換の遅さは気になるなぁ。
やっぱクリーンインストールすべきだったか。


ひさしぶりに心理テスト

何かと人付き合いがうまくいかず、
悩むことの多い性格、
で、悩むわりに直すつもりがないという
まわりには大変はた迷惑な性格ですが。

ときおり気になってやってしまう性格テスト。
あなたもどうぞ。あなたの私の心理学

ちなみに私はタイプ6。
「車を追跡したり、オートバイに乗ったり、急斜面をスキーで滑降したりすると、スリルでワクワクする。」
「機械には強いが、人間関係には弱い。ちょっとでも人間関係がもつれると、責任から逃れようとして人から反感を買ってしまう。」
「他人を心の中に入らせようとしないため、人と深くつき合うことができない。」
そのとおりです。

Ubuntuな日々(MacBook編)

Ubuntuの8.04が出たので、工人舎のサブノートはバージョンアップ。
メディア(iso)は必要ないの知ってたけどBitTorrrentでXubuntuをダウンロードして
ついうっかりMacBookに入れてしまいました。
(そのあとUbuntu-Desktopを入れましたが)
これで同じOSを持ち歩けるっす。

前バージョンの7.10は仮想化ソフトがうまく動かせなかったので断念したけど
今回はもろもろまともに動いているようなのでメインOSとして採用しようかと思う。

文句をつけるとすればタッチパッドの反応がよすぎて、
上を手が通るだけで反応してしまうことと、
ネットワークが何をかダウンロードしているらしきこと。

まぁタッチパッドは切ってマウスをつないだし、
ネットも気にしなければ、動作はさすがLinux、快適であります。
ソフトを起動するときの待ち時間は少ないし
メモリの使用量も見たら同じような環境で400MB切ってる。
スワップ要らないなこりゃ、あはは。

Xubuntuと私

なんか鳥がぴーちくぱーちく言ってるけど
こんな生活してていいのかなぁ。

ただいま午前5時半なり。
お酒のんでゆらゆらしながら、書いてます。

今日はXubuntuをParallelsにいれて、よっぽど本家より早いなんて
楽しんでおります。ゆらゆら。

Javaも快適に動くみたいなので寝ます。ゆらゆら。

けっこうよっぱらったみたい~

20080425


今日はちょっと真面目に硫化水素自殺について。

ここ最近、硫化水素による自殺が増えていて、
さらにその巻き添えで深刻な状態になる人もでている。
なんでいま硫化水素なのか調べてみたら
硫化水素で楽に死ねると、ネットで話題らしい。
さらに付随してその生成方法までネットで流れてると。
それでにわかにブームになってるらしい。

あちこちのサイトなり、普通に「硫化水素 自殺 楽に」なんて
検索をかければ、おおよそそこには「楽に死ねるわけがない」とある。
中には数時間のあいだ呼吸困難に苦しんだ挙句死ぬと書いてあるサイトもあった。

どこでどう情報が間違って伝わったのか、
それとも意図的に硫化水素自殺を煽った愉快犯なのか、
これからの展開のなかでわかるのかもしれないけど
どちらにせよ、そうそう簡単に人間死ねるものではない。

有毒ガス発生中という張り紙からも
本人にしてみれば自分が死ぬことで周りに迷惑をかけたくない
という気持ちがあるのはわかるし、
同じような例がいくつもあると、さすがに
硫化水素で自殺する人の傾向といったものを見ようとしてしまう。

周りを顧みない人であれば、あるいはそこまで切羽詰まっていれば
私は電車に飛び込むのが一番苦しまないで済むんじゃないかとは思う。
駅に入ってくるところへ飛び込む、できればその駅には止まらない電車ならなおいい。
全身を強打する、うまくすればこの時点で意識は飛ぶか、ここで息絶える。
あとがどうなろうと気にしない人であればね。

これから自分はこの世に別れを告げるというのに
なんでこの世のことを気にして死んでいくのかといえば
おそらく社会にたいして大きすぎる期待を抱いて接して
強く裏切られるか、長きにわたって見返りがなかったか。
つまり他者への依存が解決されないままだったのではないかと思う。
勝手な推測だけどね。

20080424

フレッシュマンだかなんだか知らないけど
朝の電車が混雑して困る。
ようやくここ最近は遅れなくなったけど
ちょっと前まで時間通りこなかったからね。

おかげで朝の大事な時間にパソコンを開けられない。
ひぐらしも見れない。日記もかけない。
その先もいずれは考えているのに、帰りの電車でこうして
日記を書くのが精一杯。
ひとってうざいよね、ほんと。


仕事中に眠くなるといつもミンティア食べてたんだけど
今日はガムにしてみた。
なんていうか、味のなくなったガムをむしゃむしゃ噛んでると
得も言われぬ不快感があって、眠らずに仕事できました。
これからの時代はガムだなぁ。
顎を動かすからか、肩こりも違ったねぇ。


後輩に「いつも遅くまで仕事してません?」と聞かれて
「お金欲しいからね」と言ったら、それは言ってはいけない言葉みたいですよと。
新人研修中にそれを言ったら、「そんなこと言うなんて」と泣いてしまう人もいたらしい。
その感覚は正直わからない。
仕事なんて金のためにするんであって
それ以上でもそれ以下でもないはず。
あぁ、逆に言えばそういう泣いちゃうような人がいるから、
なんか肩身が狭いような感覚があるのか。

将来的にもお金をもらうために、いまある仕事は放り出せないって感じで
残業して、まぁ残業代につながるし、みたいな感覚なんだけど。
これでもサービス残業にしてる部分もあるんだけどなぁ。
まぁなにせ、いいかげんな人間なので、仕事もいいかげん。
こんな人間をいつまで雇うつもりかは知らないけど
まぁお金くれるうちはいてあげる。


そういえばここ最近またコラッツ予想に取り組んでます。
嘘です。心地よい睡眠のためのネタにしてます。
しょせんは素人数学愛好家ですから、頭のなかに図を書いて
どんなことになってるのか想像しながらむふむふ言ってると
ほらほら眠くなってきた。


ぱひゅーむ「ゲーム」聴いてます。
おすすめはぱぴーらぶ。サビの3小節めがいいよぉ。
多分コードっていうわけじゃなくて、5度上の音が倍音で出てて、
その回りに音がないから普通のマイナーを弾いてるみたいに聴こえる。
ベースはBで。多分ね。絶対音感ないし、調べたわけでもないけど

20080423

とうとう明日はUbuntu8.04のリリースです。
楽しみだなぁ。基本的にこういうオープンソースなものに接してると
日付が決まってるものって少なくて、
気がつくとバージョンがあがってる、ってことがほとんど。
だから妙にわくわくするねぇ。

さて。
会社のほうは、そろそろ人事異動やら昇格昇進やら、
なんだか騒がしい感じ。
今日は自己評価と上司評価のすり合わせ面接。

私はこれだけ頑張りましたと、
そんなに頑張ってないよの戦いで
皆さんたいそう主張するみたいだけど
私はそんなに頑張ってないのでトータルで「中」と出したら
ほんの少し上に評価を出してくれたので一発オッケー。

まぁ今年は給料変わらずだけど
このまま頑張れば来年は月1万程度はあがるのかな。
どうでもいいや。そんなに困ってないし。

20080422

ええと、そんなに必死に日記を書くこともないかなと。
それよりバス待ちの時に書いた詩をメルマガに整形したり
株の分析ツールを作った方がいいかな。

そういえばこのUbuntuってマインドマップ的なソフトはついてないのかな。
アイデアを書き留めて一ヶ所にまとめるってのが苦手で。
あとさぁ、仕事も含めてルーティンな作業はプログラムで簡単にしたいよね。

2008.04はxubuntuにしようかな

そういえばこのUbuntuを入れたfsってext2だっけ、ext3だっけ。
たま~にcheck forcedで、起動がもたつくんだよね。

それとさぁ、この機種こんなに色にメリハリがなかったっけか。
動画ファイルが悪いのかなぁ。
ん?動画プレイヤの設定変えたらえらくはっきりした。
ありゃりゃ、こんなことで直っちゃうのか。
なんでデフォルト

20080421

久しぶりの日記。
いちおう情報処理試験対策してました。
昨日試験だったけどまぁ結果はしーらんぺ。
午前の分は答え合わせして70%ぐらいかな。
午後一午後二はきたいできず。

日記を書かない間にいろいろあって、
妹は乳がんの疑いありで、腫瘍が良性か悪性かしらべてる。
組織を取り出してしらべるマンモトープだっけか。
入院は必要なしだったけどその後痛くて寝られないって
夜の0時ごろ病院に連れていったりもしました。

その次の日に検査で開けた穴がふさがってるか確認で
病院から帰るときに交通事故にあって
親は今日もまだむちうちと戦ってる。
妹は後部座席でシートベルトをしてなかったせいか
比較的軽傷。
ちなみに私の運転だとまず通らないルートだった。
休めばよかった。

で、話はまだ続く。
母親のむちうちを調べたら、
脊髄が磨り減っていて、まわりが骨化してるらしい。
治せないから痛くなったらすぐにおいで、と言われて帰ってきた。

不幸は続くよどこまでも。
こりゃぁあと1年もすれば人間が欠けてくるかもしれない。

まぁその点、弟はそんなの関係ねぇで。結婚したらしいよ。
家も建てて、結婚式もして。
家でそうとう借金してて、
結婚式場の詐欺まがいな見積りに泣かされながら、
ブライダルローンが借りれるかどたばたしてたけど
貸してくれる銀行があったので
まぁあれはあれで幸せそうだからいいんじゃないか。

とりあえず、今日は6時で退社。
早く帰ろう。

Yahooブログの写真が欲しい

無駄なことに労力を惜しんではいけません。

うっすらエッチなブログの写真を全部ダウンロードしたろうと思ったら
JavascriptでえんやこらしてるらしくてWgetとかでダウンロードできない。
うーん面倒くさいなぁとかいいながらのりのりでソースを解析してみると

なんか回り回ってたいしたことしてないのが判明してげんなり。

画像のURLから_thumbを除くと大きい画像になるらしい。
あとはHTMLから「次のページ」のリンクを順にたどりながら
サムネイルのURLを収集して、大きい画像のURLに変換、
ファイルをダウンロードするという作業をてきとうな言語でくめばOK。

データベース試験中

東京国際大学という、
埼玉にある大学で
情報処理技術者のデータベース試験中です
いま昼休み

大学の名前もふざけてるけど
中の学生さんもたいそうふざけてて
歩行中禁煙の立て看のよこを
タバコ吸いながら歩いてた

試験の監督も学生がやってるらしく
試験場入っても笑いながら話をしてて
受験者に「ふざけるな」って怒られてた

まあともあれ昼飯食べて
これから午後1の試験です。

あいかわらずLinux

Macbookのハードディスクを10GBだけ空けて
Ubuntuを入れてみた。
うん、確かに動いている。動作速度という面では
あまりきびきびした印象はなくて、
むしろもっさり。

しかも音楽系のツールとしてUbuntuStudioを入れてみると
その動作の前提となるlinux-image-rtがあまりMacbookと相性がよくないらしく
起動確率(なんだそれ)がDebianより少し悪いぐらい。
3回に2回はカーネルパニックで起動すらしない。

ふぅむ。いっそ至れり尽くせりよりも
Gentooなみのそっけなさのほうがいいのかな

20080401

障害者用とは。

例えばトイレ。最近だと多機能トイレなんて言って、
赤ちゃんといっしょのおかぁさんだったり、
ご老人だったり、まぁいろんな人に使ってねって感じになってる。

なかなか難しいんだけど、入り口に「どなたでもご使用ください」と書いてあるケースと
何も書いてないケースと、逆に「健常者はご遠慮ください」と書いてあるケースと。
最後のは公共施設ではあまり見かけないけど。

基本的に日本の法律は障害者を社会から排除するようにできているので
もちろん、障害者用の施設を障害者が優先的に使用することはできない。
私みたいなのでも立って並ぶことなく使用できるのも
あくまでその周囲を通る人たちの善意でしかない。

たとえば。そのトイレの中がタバコ臭くても、
酔っ払いのゲロがぶちまけてあっても、それは
使うべき人が使ったのであろう。
たとえばそのトイレを使おうと思ったら使用中で待ってたら
外見は普通のサラリーマンが出てきても、
その待ってる間にケバいねぇちゃんが、こっちが待っているのも構わず
使用中なのを確認して去っていっても、
その後、おっさんが入りたそうにキョロキョロしてるのも。
すべて間違いはないんだ、きっと外から見えない重い障害を抱えているに違いないと

信じていたいよ。ぐすぐす。
これじゃ愚痴だな。

えぇと、難しいのは見た目ではわからないこともあるということ。
身障者手帳がぺらぺらの紙で偽造もへったくれもないことも問題有。
別に特権階級でありたいわけじゃない。
ただあまりに、そもそも好意で設置してくれたものを
当の本人が使用できなくて、ただ出入り口に近くて
あまり使われないだけで自由に使えるトイレとなってしまうのは
あまりに悲しい。
緊急事態で入ったとしても急いで用を足して、
もしその場所を必要としている人のためにすぐ出てきて
申し訳なさそうな顔の一つもしてもらいたい。


一つの解決策として、
機械的に使用できる人間を限ってしまうのであれば
携帯のICチップに障害者情報をいれるとかね。
まぁそれでは携帯を持てない障害者はどうするかをかんがえなきゃならない。

とかく多種多様。万全がありえないわけで、それでも
あなたの隣の人がトイレに入りたいと思ったとき同じように
障害をもつ誰かが、トイレに入りたいと思うのだから
同じようにトイレですすっと用を足せるといいよね。

a8
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
グリムス
フリーエリア
リンク
RSSフィード