081031

柿の木から漏れて出てきた
祈りと金平糖に飾られる
縛られるルールを選ぶ
権利ぐらいたまには借りる
鹿と存在するだろう

最終的な音の固まりは
聴くほうに努力が要るので
見て見ぬ振りだけだ
きっとこの辺の人は
旅に疲れて常套句に
心躍らせるに違いない

一度自分の遺伝子を
声に出して読んでみると
出鱈目で過ごす

081030

吸える空気がなくて
仕方なく電報を打つ
相手は知り合いのシャチ
ようは世の中が水に沈んで
地球はその分の空気も
命さえも手放した
残ったみんなは
しばらく怒っていたみたい

081029

花の賢さに見とれて
漢方になっているところ
ここは私が危険でした

そもそも記憶が負けて
軸は五感に寄り添った犯罪も
給食の一つで動詞

自然が想像の中にない
つまり裏切る時期に標語を
対比に否定を簡単だ

081020

人間は立ったまま寝られない
見たところ無理そうだ

ドアにもたれかかっては
いるものの
数秒ごとに上下運動してる
全身の力が抜けて
崩れ落ちそうになると
その前に力を入れ直し
もとの立った状態へ

そんなに眠いんかい
なんか逆に疲れそう

ってなんだこの駄文

081027

動詞が不思議世界で
ぶつぶつと文句を言う
彼の不幸な過去は
これからも続く

名詞が慰めようと
近くへよっていったが
ここは不思議世界だから
動詞には泥棒猫に見えた

まずは落ち着いて
自分のいるところを知ろう
とはいえ五感を信用できない
自分さえ信用ならなかった

081024

現在の言葉の価値は
0.3ポイントです
アナウンサーが淡々と伝える
なんでも0.1を切ると
互いの意志が伝わらなくなる
らしい
誰もそんなことになるなんて
経験したことはないし
本当にそうなるかも
怪しいもんだと思う
所詮ゲームできているうちは
ゲームできる

ふと思い出した
バベルの塔の話は確か
神様が与えた罰だったはず
それに人類はそれを克服できた
だからきっと大丈夫

081023

なんでもない小鳩が
くくられて一般化
そして個体数は1にリセット
私は大講義室の黒板の前で
聴衆から拍手を聞いた

081022

しとしと
と降る
あなたの心臓

うっそう
と眺める
私の懺悔

そのうち
心臓は
頭にぶつかる

よかったね
また一緒だよ

081021

泡がぷくぷく
黄色い夢の中で
エンジンが大暴れするから
首の位置が少しずれる

どこにでもいる私
首がずれた私
創造された私
とにかく落ち着こう

赤い魚が言う
逆立ちに必要な心構えと
心臓が貸し出されている
強く目を閉じた

081020

日本の綿飴には金切り声
だいぶ口癖に上らなくなり
いつもの呼吸こそ正しい

あからさまでも祈り
形あるまで道路として
期待する本人は戦う
中身が汚れている

顔と足が向こうを眺める
客観的にあまり接続が悪い
が複製をつくるには楽だ

081017

大きな爆発音も
派手なシーンチェンジも
そこにはなくて
あるのは
淡々と組み合わされる単語
深く沈んだベースの音と
数時間ごとの大量の吐血

お体の具合はいかが
毒をもられているのに
しぶとく生きるなんて
どうかしてるはあなた

081016

岩窟ではないかと
子供ほどの現在が抜き出す
それは水滴ですから
有り様として固まる

生きていますか
得意ですか
循環するものですか
足跡を手で描きます

かかしの漫画には手違いで
雷のように沈黙した
そうではないが
理論的には排泄されるべき

081015

消えそうな鼓動とともに
聞こえてくるのは
懺悔と後悔

流れを一度切るために
大きく深呼吸をする
私を支配するのは私だ

一定のリズムさえ
その構成は常に異なる
時折リズムが崩れるのも
入れ替わりのタイミング次第

私はあなたの気持ちを
想像して悲しんでいるだけ
あなたは思考することなく
それでも私を縛りつける

東上線遅延

こんな朝早くから人身事故で遅延だってさ
今週の絶望先生じゃないけど
株で損した投資家かねぇ
勘弁してよねぇ

081014

腹の肉を摘んでみる
良質の脂をたくさん
ため込んでいるに違いない
何しろ私がうまいと
感じたものだけを食べるから

私には夢がある
いつか空を飛んでみたい
羽は機械でもいいが
せめてその燃料は
自分の体から供給する

するとその夢は
共有できなかったらしく
体は拒否権を発動
心臓が停止してしまいました

辛い物はほどほどに

十兵衛で激辛ラーメン、じゃなかった辛うまラーメンフェアをやってて、
ついつい一番辛いやつをたのんだわけです。

汗も鼻水もだーだー垂らしながら食べた結果、
次の日15時ごろまで胃が重くて身動きできなかった。
この胃が弱いのなんとかならんかなぁ。おいしかったのになぁ。

鉄道捜査員で若松

塔のへつりに猪苗代湖、
今度泊まる東山温泉まで名前が出てきて
いいなぁ、地元が2時間ドラマとかに登場するのってどんな感じなのかなぁ。

スタッフロールに会津若松フィルムコミッションってあったから、
おそらく映画やドラマの撮影地として営業活動しているんでしょう。

ちなみに我が寄居町もフィルムコミッションがあって、
なんでも映画「20世紀少年」に寄居町が登場するらしい。
昭和の街並みが欲しかったというお話で、
それとはちょっと違うかなぁと。

ダイナミック通販

ダイナミック通販

たはは、変な番組見つけてしまった。
とてもあほっぽい。あほっぽいけど、出演者全員でダマシにかかるのではなく、
数人は良識として存在させるのは、バラエティーであるために必要なのかもしれない。
お暇ならぜひ。

081010

苦みに耐えて
両足で地面に立つと
もう時間がないだろう
風が心臓を貫いたり
単純な事実でしかなくて
押したら押し返される
思い返してみると
感情は語ることができる
正解を知らない相手に
身振り手振りするうちに
体は空気が抜けたように
しぼんでしまった
足も心臓もぺしゃんこ

081009

やべ、忘れてた
今日はあれの誕生日じゃん
なんか買って帰るか
飛行機の中で
ばーばーばー
ばたさあらまやなわあああ
にみつしはれよなあちきひ
ばーばー

やべ忘れてた
疑惑はあれの誕生日じゃん
なんか殴って帰るか
コンクリートの中で
呼吸すらできず
線の切れた糸電話

そして32年目です

081007

身を護るため
力以外の何かで
武装しようと言った

どうせ自分の欲望に
素直な動物みたいな
連中のことですから

無駄に力は強いでしょうなぁ

どうせこちらも
欲望のかたまりでは
あるしお互いさまかと
男の顔をみた

いつもたくさんで
まいかいちがうひとだけど
れんらくとかむりだよね
びょういんでいわれたんだけど

081006

反応そのものは
いつも解体作業の最中で
泣いているに過ぎない

身体の安全だと
目の前には土色が広がって
状況証拠でない証拠の
あり方を考えていた

そうだ歯科用金属だ
物語には金属が必要だ
神聖なる数字であれと
願うためには

金属アレルギー?

左足の付け根のあたり、なんでか猛烈な痒みがあって、
ぼりぼり掻いてたらまぁ赤くなるは皮膚が浮きぎみだわで大変なことに。
虫さされかとも思ったのだけど
そう肌を露出している場所でもなく、原因はわからず。だったのね。

ところがひょんなことで金属アレルギーのことが思い浮び。
よくよく考えるとポケットに入れたジッポが当たる場所だったわけ。
歯に詰め物しているわりに他の症状はない(?と思ってる)から、
それはないのかなぁとも思うけど本当に金属アレルギーなのか、
そうだとしたらどの金属に反応するのかパッチテストしなきゃかな。

追伸:
 木製のジッポを注文しました。これでまたしばらくムフムフできます。

081003

数字が異なるので
応用から直腸の質が
勢いよく考えさせる
実効性に似ているけど

光には量があるから
私の細部まで抑揚で支配
選択肢を呼吸に置き換え
周りに沈殿することになる

突き破ろうと祈り続けて
履歴は破棄されるのみ
それはいつも正しいのか

081002

儲かるときに仮名文字
光る音の元を掘り当てて
脱力こそできなければ
と語るなかに隙間を気にする

震える鉄の塊に近づく
紛れもなく人でできてる
だから言語の外にはでない
閲覧者が乾いていくように

空気に押さえつけられて
正しい論理は曲がる
自動的だろう

091001

状況は続く
そして急に終わる
いつ終わるのかを思い
あるいは恐れる

校長が苦しみのた打つ
こないだ命の尊さをといて
いまビチビチと跳ねて
動かなくなった
a8
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
グリムス
フリーエリア
リンク
RSSフィード