091130

距離に関係なく
鮮度も抽象度も感度も関係なく
想像の根菜類には塩が合う

今年も田舎から記憶が届いた
遅刻だけは袋にしまって
後は接続詞として使おう
何しろあれの解決にも使えるから

頸動脈がせき止められて
ピクピクする体のように
人は田舎に帰るだろう

いたずら電話

私の携帯にいたずら電話をかけてきた発信元
「日本政策金融公庫松本支店国民生活事業」
tel:0263-33-7070

朝の9:30に電話がかかってきて
「もしもし?」って何度聞いても息遣いしか聞こえなくて。
しばらくして切ったみたい。

あとでかけなおしてやろう。

091126

それは嫌がらせだと言うので
男性器はまな板の上で踊る間もなく
みじん切りになるのでしょう
一部は食されるでしょう

この口が
この口が言うのか
ち○この切れ端を唇に付けて
食べちゃうぐらい好きなの
などと

貫くな
度が過ぎるとまた食べられるぞ

091125

行動が絡み合っているから
と説明を受けたものの
海上は相変わらずの反省
そうであるときは来るのですか

そして物語が片付くまで
僕らは石ころを拾っては
偶然について語り続けている

091124

何も叩きつけないかわりに
いい飲みっぷりでありたい
そのグラスから終演をこぼして
繰り返すものなどないと
耳打ちして欲しいだけ
凍りついて欲しいだけ

たいていの文書が前に進まなくとも
金額の指し示されるもので
楽しんでもらうために
再びグラスに開演を注ぐ
停止の一種であることを祈りながら

タイトルなし

いまミラコスタにいます

しかもね、いまさっきまで
ハウス食品プレミアムナイトのリハーサルやってました!!
嵐来てました!!歌ってました!!
ミッキーと踊ってました!!
田舎な人なもんで芸能人に弱いです!!
すごかったです!!

近いうちに写真アップします!!
あぁびっくりしたぁ

091117

目標はがたがたと震えていました
この地球で食べられてしまえ
皮肉にも今夜は雨が降っています

それは初めは人類で
アヒルのように手を動かし
人でないものを刈り取ります
真正面は苦しそうでした

かき混ぜると言い直しても
米粒は否定的に首をふり
指紋を見せつけて
動作をいちいち記述するように
なりたい
皮肉にも今夜も雨でしたから

そうです
解体は時代遅れなのです

091113

信じられない音と波が
数ミリの矢印と一緒に
完成するのを待っている

ここは肝臓で栄えた街で
得てして間違えることになる
入道雲は空にあるように

だから赤には意味をつけたがる
もう一歩もう二度と
登場するわけにはいかないし
なにより接続詞が好きだった

私は私以外の総意で
私以外の誰かではない
私の私による私のための
私選挙

結論はここで終わります

091112

偶像にノイズを
欠落を埋めてはいけない
自分のコピー機にかけるか

垂直に枕がたつのでしょう
宣言にまみれた電話から
タバコの煙りがみえる

わからないのは
一定の思い過ごしについて
会議があるので
まくり上げていくはずだ

091110

異常な値には
心が呼吸する音がよく効く
包装紙は薄いからだろう

どこまでも粒々と裁断してあり
真ん中は存在すらしなくなった
一度落ち着いて殴られるのも
今後は固まってくる

ああ語感のみで消費はできない
破裂して飛び散ったようなものだから
同時に差異の差異を比べられない
ただ理解は人間の姿形をしていた

11/07のツイートまとめ

vsenyo

Personas for Firefox | Arch Linux Persona - http://shar.es/akXes
11-07 21:15

091105

間隔がそっと私に耳打ちする
それは人間と人参の違いだからね
いままでもこれからも
精神論的に伝えると思う

そうだ精神論だ
救急車なんて呼ばなくていい
そもそも意図も意志も意味も
全部世界からつまはじきだ

磁石が面白くなくても
それでも偉そうにしていると
シメリガチだ

091104

冬は体が震える
だから頭も震えて
ますます体が震える

これでは生きていけない
頭が震えないように
頭と体を切り離して
頭を地面に置いた

それからというものの
心に平穏が訪れた

091102

もうダメです
生きていくには鴨肉が必要で
どうやら遠征に崩れたようだ

私の耳と
その口との間に
論理的な線を引いてみた
きっと体の一部も
この線の上を走る

鏡を匂いで判別しましょう
眠気はいつも空気に運ばれるから
私がここにいる可能性と
理想主義のために
a8
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
グリムス
フリーエリア
リンク
RSSフィード