FC2ブログ

医療ミス

というわけでブログの更新も再開です。
ちなみに小説は書き直し予定。です。
とりあえず、のものがサイト(以前リンクしたとこ、週末にきちんとリンクはります。)にあるので
お暇な方はどうぞ。諦めてないよぉ。ちゃんと完成させます。
ただシュールなショートショートを書いてみたいかなぁなんて。

で、ブログのほうは時事ネタなどをからめつつ、
なんとなくやっていきます。

で、医療ミス。先日、埼玉医大が敗訴確定したっけ。
最悪、人の生き死にがかかってくる、大きな問題なのだけど
それが裁判所で判決が言い渡される奇妙さは残る。
病院側の敗訴ということは、患者はまだ生きられたはずである
それを医者は不当に命を奪った、だから賠償しなさい、
ってことだよね。
裁判所は人の生き死にを判断する場所なのかという奇妙さね。

人と人のぶつかるところであればどこでも裁判所なりの
権力を行使できる人格がその判断を行わなければ
争いの世の中になる原則論はわかる。
しかしその判断が今そこに存在せず、また将来にわたってありえない人間の、
死亡の原因を判断できるのかしらって気もするし、

そもそも助けを求めて行った病院でしょ、病院を選択する側に責任はないのか
っていう気もする。病院の治療実績が公表されてないのは、
病院側の自衛意識の薄さや、隠さなきゃならん大量の医療ミスに
隠すことが美徳である文化に、ビジネス感覚の欠如だったり
いろいろあるけど正面きって
「選択するだけの情報を提供しないほうが悪い」という
訴えなり、判決なりがでないと根本からこの問題が解決することは
ないと思うよ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

a8
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
グリムス
フリーエリア
リンク
RSSフィード