FC2ブログ

高校数学と大学数学


理系の大学に通ったっていっても
なかなか数学の数学らしいことは
やってくれるところと
やってくれないところとあるんでしょう。

某地方大学では微分積分と行列の初歩をやって
おしまいなんてこともあるらしい。
まぁ専門でやるわけじゃないならそれで
いいのかもしれないね。

その微分積分にしても
実数の定義から入って、数列の極限、
関数の極限、微分、積分と展開していくさまは
壮大なRPGみたいなもんですよ。

ただ確かにこう短縮すると
高校でやった数学とどこが違うん?て思うよね。
例えば極限だと高校の時はこんな感じ。
nをだんだん大きくすると1/nはどんどん0に近づくよね、
だからlimn→∞1/n=0、だった。
そんなあいまいなことは言わない。
任意の実数εに対しn>1/εを満たすnがある(実数の公理より)。
すなわちε>1/nだからlimn→∞1/n=0

ただ、これは説明しないとわからないねぇ。
また今度にしようか。
みんな中途半端だ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

a8
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
グリムス
フリーエリア
リンク
RSSフィード