FC2ブログ

郊外いいとこ何度でもおいで

よく都市部で新たに大型スーパーができるなんて聞くと
じゃぁその辺のお店は潰れていくんだねぇと
マイナス面につい目がいってしまう。
実際ゴーストタウンのように
商店街がみな閉店してしまう例もあるらしいんよ。

うちの方だとほら、
コンビニには車でしか行けない田舎だから
いままでどうやって生活してたのかってぐらい
お店が無い。
そういうところにまずまず大きなスーパーができると
便利になったもんだねぇと、
大して問題にもならないのだけど
いや、そのまえにたいした大きさでもないのだけど。

それが都市部で撤退した後に
出店規制のほぼない郊外でぽんぽん大型スーパーができると
都市部で空洞化がおきると、福島県がおっしゃる。

(もう少し埼玉のニュースとかないのかね。)

あそこは郊外だよね、たぶん。
その付近は家が多くはないように見えるけど
ぱっとみると田圃に囲まれたショッピングモールがあったり
なんだかうちのほうより過ごしやすそうだと
(雪が無ければ)思うんだけど
福島に限らず、ちょっとバイクで遠乗りすると
周りになんにもなくて、駐車場がだだっぴろい
イオングループ系列のスーパーとかあったりする。
群馬の佐野にできたアウトレットモールも
周りになんにもなくて、これから人を呼び込むために
道路の整備をしてるみたな状態だった。

土地も確保し放題だし、誰にも文句言われないし
言い事づくめな郊外出店を邪魔されるとあって
「憲法違反だ」と警告文を送ったそうな。

自由主義経済とはいえ、安定した経済成長のために
政府による介入がある。
まぁそれは建前だけど、規制はさいたるもので
憲法で保証した自由を制限するなら
それでなければ回避できない事態の時のみ
行われるべきなんじゃないのかな。

いままで大型スーパーにおんぶにだっこで
自分でなんとかしようとしなかったことを
認めているなら一方的なことをしないで
共存の道を選ぶこともできるだろうに。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

a8
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
グリムス
フリーエリア
リンク
RSSフィード