FC2ブログ

だだもれ?


昨日のブログを書いてる時から
あぁこの人(自分のことね)は古めの表現が好きだなぁ
と思ってたけど、まぁご勘弁。

まぁプログラムの開発って、
自分がこう動かすだろうと思ってる操作手順は
もちろんきちんと動くように作るんだけど
想定外の操作をされたときに
それでもきちんと動くなり、エラーを表示するなり
そういった面が一番大変だったりするわけです。

さらに大人数がアクセスするWEBアプリなんて
客が使うパソコンやブラウザも違うし
してほしくない操作なんてのが残ってると
まず確実になんらかのトラブルが起きる。
情報が漏れたりサイトがダウンしたり、
意図的に攻撃する人もいるからね。

というわけで東芝の開発した
小田急のネット予約サイトから情報が漏れたというニュース。

まずなんで東芝?とか思うでしょ
ちょっと大きい企業は必要なソフトを自前で開発できるように
開発部門だったり子会社をもっていたりするんだけど
年がら年中自分の会社の製品を作るほどだと
ちょっと人員不足技術不足になる。
んで普段から多めに人がいて
そのあまった人員で外注を受けたりする、そんな例。

プログラムミスで情報漏れはやばいよね。
外からの悪意あるアクセスじゃなくても
漏れていったら東芝が全責任を負うんでしょう。
やぁねぇ、こないだは生損保で支払い漏れがあって
あれもプログラムミスらしいけどねぇ

プログラムにバグは付き物です。
大きい小さいを別にしてどんなに頑張っても
バグは残る。マイクロソフトみたいに
小さなバグでも大事になってしまうような
ソフトを作るんじゃなくても
どうもこうもないですよ。
やることやったら運を天にまかせるしかないでしょう。

せつないねぇ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

a8
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
グリムス
フリーエリア
リンク
RSSフィード