FC2ブログ

なんでも吸い込む、猫


まずは猫の方から。
以前ブログにも書いた、人の足指を食べた猫ね。
肉食である以上可能性がないわけではないらしいけど
親猫に育てられてない「常識のない」猫でないと無理らしい。

そうか、猫にも常識があるのかと、妙に感心。
特別に人間の肉が不味いわけでも
遺伝的に人間を食わないような本能があるわけでもなく
教わったから食べない、なんて話を聞くと
あぁ猫も生き物なんだなぁと。
人間なんかわざわざ避けるべきものですら
フェチとして愛好する人もいるわけで。

で、本題。の前フリ。
高校の先生って良くも悪くも
人生に大きく影響するんだなぁと
いろいろな場面で感じる。

大学に数学で行ったのも、行く大学を決めたのも
きっかけはその先生だったからね。
その先生が毎月教室に置いておいてくれたのが
ニュートン。あの科学雑誌です。
人によっては、ウソばかり記事にすると思われている、
あのムー、もとい、ニュートン。
(そりゃぁ専門家からしてみれば眉唾でも
 むしろ学研の科学の大人版と思わないと)

自分で買うほどでもないと思って
高校出てからは全然読んでないけど
宇宙論だとか理論物理の話なんかは
当時の知識が僕にとってすべてかもしれない。

全然違う話になっちゃった。
ブラックホールが星を飲み込むだけでなく
作り出してもいるというお話。

ブラックホールなんて縁遠すぎるけど
ものすごい引力で引き寄せた物体はどこへいくのかとか
自分は空間を占めているのか。
そんなブラックホールの引力で集められた塵が
集まって星を作る手助けをしているらしい。

まぁアマチュア物理学者とかには楽しそうでいいなぁ。

ぐだぐだだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

a8
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
グリムス
フリーエリア
リンク
RSSフィード