FC2ブログ

未来の検索サイト


妹の学校の課題で、
検索サイトはどう発展するかを書けと。
あぁこの課題を出した人は
そうとうに頭が弱いなと思いましたが。
少なくとも自分で考えたことはないはずだ。

現実問題として、検索サイトは
内部的な仕組みの差こそあれ、
主にサイトを検索するためのサイト。

言語をもって検索する以上、
というかノンジャンルで検索するには言語しかない、
将来的に感情や脳波をパソコンが読み取って
それに合わせたサイト検索なんてのが有り得るかもしれないけど
それもまず、ない。サイト(意味)を色付けすれば
どんな色ででも検索できるといった簡単な話ではないし。

理系の、とあえて乱暴にくくるけど、
理系の人達は言語をおそろしく簡単に考えてる節があって
普通に、「話せばわかる」とか言うしね。
グーグルの例はややこしい「意味」を無視して
コンピューターの扱える「量」で作ったから
うまくいった。

検索に適当な新しい量を提示できるのかなぁ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

a8
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
グリムス
フリーエリア
リンク
RSSフィード