FC2ブログ

宇多田ヒカルの湿り気


音楽って不思議だなぁと思う。

こう聴いていて、あるいは聴き終わって
その曲の印象を考えようとすると
実はそれはたった数秒のコード(和音)の印象だったり
コードボイシング(コードをどう鳴らすか)や
コード進行の印象だったりする。

ただ宇多田ヒカルの場合は加えて
意図的に音の立ち上がりで音程を安定させないというか、
音程をスライドさせる歌唱法じたいに
湿っぽさを感じることがある。

正直にいうと4thでその歌唱法と
楽曲があっていないように思う。
マッキーがカバーしたCOLORSは
比較的、音程をスライドさせてないと思うし。

全体的に低音域をおさえてあるから支えが無くて
余計にその不安定さが強調されてしまう。


詞と音楽の不一致は前回いったっけ、
なんだか納得はいかない音楽だなぁと思うなぁ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

a8
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
グリムス
フリーエリア
リンク
RSSフィード