FC2ブログ

グライバッハ標準形


昨日はこのグライバッハ標準形と
正規言語の違いに気が付かなくて悩んだ。

ようは
A->aBC
が許されるのがグライバッハで
A->aB
だけのとき正規言語ということらしい。

チョムスキーの生成文法もいまいち理解できてなかったけど
今回、構文解析を勉強する中で思いがけず
理解することができたと。

せっかくだから階層がそれぞれ真の包含関係ってらへんを
証明でもして遊ぼうかなぁ。

ん?
何がしたかったのか忘れた。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

a8
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
グリムス
フリーエリア
リンク
RSSフィード