FC2ブログ

習作070607-0


殺しの抽象された
変革変革のときも
感覚のない皮膚に
強く当たればなるほど
その中も痛かろう

自然にそこに並んだ
単語と心中した
人間だって自然だ
清涼飲料水を命からがら
手放してからというもの
暗いところも怖くない

作っては壊すおもちゃ
のような記号の列で
泳いで溺れて疲れて
それでもまだ死ねない

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

a8
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
グリムス
フリーエリア
リンク
RSSフィード