FC2ブログ

火をつけると?


なんとなく、そんないい話ではないのだけど
マッチ売りの少女を思いおこしてしまった。
誰もマッチを買ってくれなくて
そして寒くなってきた少女が
売り物のマッチに火をつけると
夢のような世界が見える、というあれ。
最後どうなるんだったけ?

例のNHKの職員は
「火をつけると孤独が紛れる」と話していたという。
このワンフレーズに本人の心理状態がよく(?)表されている
ような気がして、素通りできないなぁと。

火事が起きると、まぁ当然やじ馬がたくさん現れる。
いつもは自分自分の生活をしているはずが
そこにいる人達がその火事一つに
意識を集中させている。

マスコミで大きな事件を扱いたかったという
言葉から察するに、やはり自分の一部が
多くの人へ届き、なんらかの影響を与えたかった。
それが現実になっていれば、
日常で孤独であったとしてもその場では
気にはならないだろう。

正直、あまり他人事ではない気がするんだよね。
人間て多かれ少なかれ、相手を支配したいと思うでしょ。
程度の違いであってどこで線引きするのかを
ただ法律だけに求めるとすると
それは機械的なものだから
自然(=未知)であるところの思考が
いつその線を飛び越えるかはわからない。

理性なんてもろいもんだと、
言われてるような気がするのさ、
その彼に。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

a8
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
グリムス
フリーエリア
リンク
RSSフィード