FC2ブログ

プログラミング言語の善し悪し

一つ前の記事を書いてからMOPについて調べていたのだけど
どうも自分のプログラミング言語観が疑わしくなってきた。

以前は(というかついさっきまでは)
プログラミング言語は進化することによって
仕事が早く片付いて、PGはみんなハッピー、
というひどく理想的なシナリオを想定していた。

ただMOPについてその「仕事が簡単になるならない」的な議論を
みていった上で自分の経験を顧みると
結局は、どのくらい仕事なりやりたいことが実現できるかは
その言語がいかにすばらしいかではなく、
その問題の解決に適したライブラリがあるか、
開発環境があるか、に依ってる場合が多いのではないかと。

苦労の多寡が知れている、という感触を持つに至り、
まぁ好きな言語で好きにしゃべればいいかと思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

a8
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
グリムス
フリーエリア
リンク
RSSフィード