FC2ブログ

言葉の流す血の色

変化という抽象と
状態という抽象が
もの言わぬ事実によって
気づかないふり

金属の筒は辺り一面
ガランガラン音をさせて
人の意思から血が出る
盲目な行動にしては

未来は奪う
立方体のぬめる能力を
妄想のかわいい立脚点を

そこにあるのは
可能性などではなくただの履歴だ
供給と負担の和を伝えるために

関連記事

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

a8
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
グリムス
フリーエリア
リンク
RSSフィード