FC2ブログ

ひぐらしとともにある日々

武蔵野線のドア側げっちゅ。
朝からひぐらし観ております。
どきどきだね。
今日もこの続きを観るために頑張れるってもの。

あぁ仕事大変そうだな今日。
たまってきちゃって、一日ぐらい徹夜しても終わらないぞ。

葛西も大変だなぁ。


仕事はなんとかこの2100前に
けりついて、またひぐらしを見る武蔵野線。

どうしたものかなぁ。
まぁこのひぐらしが終わるまでは何にも
手がつかないよなぁ。

プログラミングか音楽の環境をそろえるつもりだったけど
なんかdebianさぁ音は出ないわ無線LAN使えないわ。
ちょっといま使い勝手最悪なんよね。

いっそdebianじゃなくてもう少しハード判別が
いいディスト使おうかなぁ。
まずはCDじゃなかったDVD外付けを買わなきゃ。

一日2本までと決めた。いま決めた。
目明し編最後のお話は明日の夜にとっておく。

結局悪いやつばかりだったということか。
「りか」がそこまで悪いやつだったとはねぇ。
瑕疵のない保菌者かなにかかと推理してたんだけど
かなり積極的にからんできていたと。

ネタばれ注意。

○綿流し編で、ある時点まで「しおん」は「みおん」が演じたもの
という設定がされているが、実はある時点から「みおん」を「しおん」が演じているという
凝った設定。

○全編で「とみたけ」と「たかの」は祭具殿に入って、
それを良しとしない「おりょう」の指示で殺された。ということか。
(祟殺し編では「とみたけ」を「たかの」が殺したかのような記述あり。要注意)

○それにしても「りか」はあまり祭具殿に入ったことを
咎めるようすがない。そのわりに「とみたけ」殺しは「りか」であることが推測される。
他人の意思か。あるいは暇つぶし編のような別人格か。
あの薬のようなものは「りか」以外に持っている可能性もありか。

○過去の事件という面では、薬でおかしくなった作業員たちが
現場監督を殺した。とすると、その後の自首や、主犯格の逃亡がわからない。
(薬について実はいくつか情報を知っているのだが、
 ここでは知らないものとしてあまり接近しないものとする)

さてさて、目明し最終話はどうなるのかなぁ。
明日が楽しみだなぁ。
そうそう明日がくることが楽しみっていう感覚、
大人になってから久しく感じてないよね。

何か、その、いつかくる死にむかって
擬似的体験をするわけじゃない、寝るっていうのは。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

a8
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
グリムス
フリーエリア
リンク
RSSフィード