FC2ブログ

20080509

今日は遅くまで仕事を、させられた。
あのにっくき某、大阪に本社がある、有名家電メーカの
保険部門がまた難癖をつけてきて。
「なんだかおかしかったから手でデータを直しちゃったけど
 原因を突き止めといてよ」
痕跡もない不具合をどうやって確かめろってんだ。
まったく無茶苦茶をいう。

仕方なく相変わらず上司と二人でせっせと
再現をしようと試みるも。
なぜか、これなら不具合起きないだろうと作ったデータが
ことごとく歯抜けデータになってでてくる。
おそらくは実際の運用と、こちらが想定した運用が違うらしく、
(それで動くことも問題ではある)
こちらの想定ではみんな歯抜けになる。

これはまずいよねぇと言いながらも
もう本当にやる気もなく、回答も来週の月曜日でいいとのことなので
これぐらいにして帰ります。


日記なんてどうあがいても内容などなく、
こういうふうにくどくどと書いてしまえば
おおよそ読む人はいないだろうと。
むしろ自分でも読まない。

株価が上がるか下がるか予想するソフトが
こないだのUbuntuへの移行時にバックアップに失敗してて消えちゃった。
どうせまたゼロからつくるなら、
javascript1.7でけっこう楽しかったので関数型で書き直そうかな。
schemeのフル実装のsiscをやってみようかと思ってるんだけど

schemeの人たちって関数の名前のバッティングをどう回避してるのかなぁ
少し大きなソフトを考えると、すぐに重複したり、
せっかく作った便利な関数を何度も定義したりしてそうな気がする。
あと実効速度も少し不安。

rhinoはまだ納得のいく範囲で動作してくれてると思う。
それでもソースをコンパイルした状態にできない(すると扱いにくい)のが
ちょっと不満で、次のjavascript1.8までまてないなぁと思いながら
それでもyield文はプログラミングががらっと変わるね。
使いこむと考え方も変わってくるのがわかる。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

a8
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
グリムス
フリーエリア
リンク
RSSフィード