FC2ブログ

080530

何もいなかったわけでなく
この目は機能に限りがあって
見ようと思わないと見れない

透き通った少女が田んぼの
水の上に立っていた
時間は自由に混濁していても
それを見たのはついこないだ

約束は守られなかった
私は慌てず息を引き取る
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

a8
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
グリムス
フリーエリア
リンク
RSSフィード